一湊(いっそう)集落

  • slide
  • slide
  • slide
  • slide

島の最北端に位置し、屋久島を代表する海産物である「首折れサバ」漁や「サバ節」の生産が盛んに行われ、漁業のまちとして知られる一方、海水浴場やキャンプ場、釣りやダイビングのスポットもあることから多くの観光客が訪れる一湊集落。区民の多くが高齢者であるが、若者を中心に結成される「一湊はめつけ隊」という集落の行事を積極的に行う団体もあり、区長を中心に集落全体が強い絆で結ばれ連携をとっている。また、高齢者の「子供達への面倒見の良さ」も特徴で、子供のいる若いファミリー層も安心して暮らせるのが嬉しいポイント。集落の一員として理解がある方に住んでもらいたいという信念を元に、集落への入居希望者には区長自ら事前面談を行っている。